当時から結局、愛知の出会いをみつけることにしている
0


    但し警察が後に無実の青年を逮捕し釈放後に自殺を図り、警察も過労による2名の殉職者を出しているので賛美されるものではない。

    当時混迷を極める中、落としの八こと名刑事、平塚八部衛が指揮に当たったが世はマスプロ化の時代である。

     

    愛知出会い

     

    旧態然とした感や長い拷問のような取り調べは通用しない時代の転換期でもあった。愛知の出会い

    この事件については事件発生5日に謎の自殺?で亡くなった白バイ警官の息子少年S、早期に通しナンバーの500円札の番号を発表したり、偽りのモンタージュ写真を作ったりと警察のミスリードが多い。

    また単独犯?複数犯?犯人は米国へ?警察の陰謀?と様々な事が語られてきたが52年が過ぎた今も不明である。

    犯人は生きているのか?3億円はどこに消えたのか?全ては謎のまま露と消えた。
    続く..愛知の出会い
     僕と推理小説 』
    小学生の頃はマンガばかりで、母親が心配して父親に言ったらしく、名探偵明智小五郎と少年探偵団とゆう子供向けの小説を買って来て、面白かったら全巻買ってやる!と言った。

    怪人20面相との戦いはワクワクして読んだ。結局全巻買ってもらった。愛知の出会い

    中学生になり中古屋に行き大人の推理小説を買い、読むようになった。元々映画のミステリー物が好きだったのですぐにはまった。

    松本清張、横溝正史、高木彬光から森村誠一まで読んだ。愛知の出会い

    それは英国のアガサ・クリスティーやコナン・ドイルそして米国のエラリー・クイーン、エド・マクベイン、ダシール・ハメットと広がり、たどり着いたのがハードボイルドの巨匠レイモンド・チャンドラーである。愛知の出会い

    彼の最高傑作は長いお別れ、だが中学生が読むにはハードで何回も挫折してやっと読み終えたのは高校生であった。

    posted by: aichi3009 | - | 11:52 | comments(0) | - |